行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大きな夢を抱き、たゆまぬ努力をわずかずつでも。
わたしが以前に読んだ本で、かなり不思議ではありますが、現にすごい発明をされていたり、実務的にも優れていた、政木和三先生の言葉を思い出していました。


いくらがんばったって、どうせ自分なんか。
ダメな人間がいくらやってもダメさ。

そういう見解もありますが、間違っていると思います。
ダメというレッテルを自分で貼ってしまった時から、本当に自分がダメになっていくと思います。

気がついた時からレッテルは貼り直せばいい。

人間、そう大差はありません。
結局はやるか、やらないか。


うまく行かない人は、いきなり大きなことをしようとします。
そして、それができないから、またガックリきます。
それを繰り返すうちに、「どうせできないんだよ。」と夢をなくして行きます。

政木先生は、「およそ考えられないくらい大きな夢を持て」と書かれていました。
そして、「日々たゆまず、無限小の努力を続けて行け」と書かれていました。
正確な表現は忘れましたが。


どこの世界にもシニカルな人はいます。
自分より下にみえる人をバカにする人はいます。
(わたしの業界だって、他の同業者のことを酷くいう人もいます)


でも、それに負けないで。

人間、死ぬまで進歩する可能性があるのですから。

大きな激しい努力は、必ずしも必要ではない。
小さなことを大切に。
「日々たゆまず無限小の努力」を心がける。
少しずつの進歩を繰り返し、力がたまっていくと、いつかドカンとジャンプすることもあるでしょう。たとえ、ドカンとジャンプできなくても、着実に進歩した結果は残ります。


さて、わたしも、馬鹿弁、ゴミ弁と言われようとも、「日々たゆまず無限小の努力」を続けて行きたいと思っています。
所詮年寄りのCクラスチームの1番打者ふぜいが、と言われようとも、今年は、「日々たゆまず無限小の努力」を続けて、できるだけ多くHRを狙って(できればB、Aクラスチームとの試合で)行きたいと思っています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-02-06 20:37 | 日々雑感
<< 感情が動きと方向性を生み、信念... ノリが大事なときもある。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.