行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
文化的ギャップ、経済的ギャップ?<一部補足>
先日東京に行ったとき、定番コースで、八重洲ブックセンターに立ち寄りました。

そこで平積みになっていた本、何冊か欲しかったのですが、荷物になるので、うち2冊を買いました。
それと、例の有名な蛇腹式の手帳、これは迷った末、見送りました。


名古屋で、買えなかった平積み本を探しましたが、まだ、ない。
蛇腹式の手帳もまだ、ない。(アマゾンで注文したのですが、11月10日発送予定!)
(※補足:透明カバーを注文しました。このタイプのみ発送は遅いようです。東京でも透明カバーのものがあったかは確認してません。ブルーのきれいな色のものなどはありました。もっとも、千種区の大型書店では、ブルーもない、何もないです。店員さんは10月下旬に入るようなことを言っていました)

東京は早いですね。うらやましい。


ずいぶん前に、ある先輩弁護士がおっしゃっていました。
「法案が出る前に、立法過程にコミットするんだよ。仕事としておもしろいし、本も売れるよ。でも、名古屋で開業するんじゃ、ねぇ。」
わたしは、東京にいたとしても先輩のようにはなれないと思いますが、いろんな意味で、やはりまだまだ東京は情報の中心であり、発信地ですね。

これほどのネット社会、流通システムの伸展があっても、なお東京とのギャップを実感してしまいました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-10-09 00:01 | 日々雑感
<< 洗脳、自己説得、心理操作… 豆腐ようは居酒屋ではスルーです >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.