行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
東京での出来事。
その昔、東京に住んでいた学生時代、名古屋在住の友人たちが遊びにやってきました。

「東京って、人多いよねぇ。」
「東京ってさぁ、やたら怒っている人いるよね。」

これが、1日東京山の手線内を歩き回った彼らの感想でした。



わたしも先日、図らずも同じ言葉が口から出かけました。

東京駅、新橋駅、霞が関駅は、通勤タイムよりも早い夕方から人がいっぱいでした。
そして、東京駅八重洲口から八重洲ブックセンターに行く途中に女性1名、新橋駅で男性1名が怒りながら、大きな声で罵詈雑言を、あたかも目の前の誰かに浴びせているかのように口にしていました。
同じ方向に歩きながらちょっと聞いていると、間をあけて、「そうだろう、なら始めから言えよ。え、だからさぁ、わかってないんじゃない?」と本当に誰かと対話しているみたいでした。


それから、夜の新橋駅周辺で、どう見ても立派な50代の紳士が道路の真ん中で座り込んで、20代の女性に介抱されているのを見ました。
ぼんやり見ていると、後ろから、「お兄さん、飲んでいかない?」と女性の声。
客引き?
知らん顔して歩いていくと、他の店の前で別の女性が、「一杯いかが?」。
名古屋では、錦3といった歓楽街の中に限りますが、客引きはたいてい男性で、しつこかったりします。東京では、しつこくはないとは言え、駅前なのに客引きがあってびっくりでしたね。


東京は、やっぱりいろんな面で洗練されてて、発展し続ける都市ですね。
その分ストレスも高いのでしょうね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-10-04 18:10 | 日々雑感
<< 気楽に行こう No reason to cry >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.