行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
どこまで解決できるかについての確認
弁護士は個性が強い人が多いです。

業務処理についてはそれぞれに考えがあります。

今回の依頼でどこまで解決してくれるのかは、確認しておいた方が無難です。
そして、そこに行き着くまでにどんな手続や作業が必要で、いくらコストがかかって、どのくらいの時間を要するものか、具体的にお尋ねください。

自分の期待と、弁護士の考えや方針にズレがないか、折々の節目で確認してください。



クサイものにフタではなく、抜本的解決、1回で済むことは1回で済ませるのがいいですね。
クサイものにフタで十分な案件はそんなに多くないです。いつか大きな問題になって出てくることを考えて事前に芽を摘んでおいた方がよいです。

ただ、相手や相手方の弁護士がクサイものにフタでいいんではないか、というときは仕方がありません。示談や和解は諦めて、裁判所に判決を出していただくしかなくなります。
相手のあることですからね。


示談も和解もダメなときは判決で白黒つけていただき、けじめをつける。
そして、気持ちを切り替えて、また社会でビジネスでがんばる。
それしかないですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-07-04 19:56 | 日々雑感
<< 賢く生きるということ。 企画のコツ。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.