行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
要約すると。
サマセット・モームの小説の題名ではありません。

さっきのお話のつづきです。


要するに、これはという基本的な知識を確実に暗記する。
それは、暗記するためだけにではなく、暗記したとおりに再現するのではなく、考える材料として使うために暗記する。

暗記した基本的知識を再構成し、モザイクをばらばらと崩して、新しいものを作り出せるように、トレーニングする。

諸先輩や先人たちの業績や資産を前提に、それをさまざまに組み換えたりしながら、新しいものが生み出される。そうやって生み出されたものの方が、かたい。。


講師をされていた短期合格者はそれができていたのだなぁと、改めて納得したのでした。



これは、どんな分野でも、常に現状を変えて行こうと挑戦する人にとっては、倣うべし。

わたしも司法試験合格の前年まで気付いていなかったし、合格後は、そういう考えを仕事に使うなどということも忘れていました。
けれども、現状を変える、何かを生み出す、オリジナルな仕事作法・ビジネスモデルを構築したいならば、心しておくべきなのでしょうね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-06-27 12:42 | 日々雑感
<< お詫び。〜「合法的に借金をゼロ... 何をどのように暗記するか >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.