行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
法律相談を終わって思うこと。
誰だって、好きこのんで誰かを傷つけたいなんて思いません。

自分のされたくないことは、他人にもしない。
他人にしたことは自分に返ってくる。
子供のころは、そうやって教えられていました。
(今はものすごい真理だと思います)


でも、過失だったり、本意でなく、やむを得ず、誰かを傷つけてしまうことがあります。
傷つけられた本人はもちろん、傷つけた当人も、心ある人ならば、苦しい思いをするものです。

こうしたときは、当事者間で話をしてもなかなか解決は難しい。
紛争がいっそう大きく、複雑になってしまうこともあります。

だから、公平な第三者に判断を委ねるということは、とても合理的です。
今の世の中で、誰よりも、何よりも公平な第三者は、やっぱり裁判所です。
日本の裁判所は信頼できます。

本当に困ったときはやっぱり裁判所。
解決までの道筋がはっきりします。

もっとも、裁判所で扱う問題は、権利義務に関する紛争です。
政治問題であったり、権利義務にまで至っていない感情の問題や、純粋な団体内部自治の問題は、別の解決手段によらねばなりません。

それでも、多くの人の困りごとの多くは裁判所で交通整理ができるものではないかと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-06-21 15:42 | 日々雑感
<< 枠組みの選択。 法律相談の担当日。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.