行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事件が一度に解決できるよう。
弁護士は通常、事件が一度で解決できるように努めます。

新堂幸司先生の民事訴訟法(弘文堂)で勉強した人は「紛争解決の一回性」という言葉をご存知だと思います。
一般の人は何度も裁判沙汰に巻き込まれるのは嫌。
たいていがトラブルは一度に全部解決できるようにしたいと望むでしょう。
だから、できるだけ紛争が一回で解決できるようにしましょう、というのが「紛争解決の一回性」ということ。そして、そのために、民事訴訟法上も一定の配慮をしましょうというのですね。

わたしは、受験中は、新堂民訴信者でもありましたから、やっぱり「紛争解決の一回性」ということを意識します。



根が同じ問題で、何度も何度も紛争が起こることは、弁護士にとっては仕事が増えてよいのかも知れませんが、やっぱり何かおかしい。
一度に解決できることは、一度にしたい。
それが自然です。

民事訴訟法上、別個の事件として成り立ちはするけれど、根が同じであるならば、一挙に解決できるように、訴訟上の和解だとか、訴訟外での示談だとかにより、抜本的解決を図る方が、当事者のためであるし、国民・社会経済上もメリットです。

個人的にも、いくら仕事であっても非生産的な、効果のないその場だけの解決で終わるような処理はしたくないのですね。
それが依頼者のためになるのではないかと思っています。
ただ、事件の全体像を見誤っていては抜本的解決はできませんから、そこを詰めて置くことは肝心要です。



会えばケンカばかりしている、一緒にいたら紛争が絶えない。
そういう、「合わない人・会社とは会わなければいい」(斎藤一人さんの言葉)のですね。
それぞれのエリアで、力を発揮した方が、互いのためになるし、社会や国や世界のためになりますものね。

根っこを抜いて、元を断って、はい、サヨウナラが一番だという場合も少なくありません。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-06-18 18:27 | 日々雑感
<< 接する人に最善を。 余計なことを付け加えない >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.