行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
重い思いの事件。
関係者の思いが重いという事件は、できれば避けたいものですが、わたしたちごく普通の弁護士にとっては、受任事件のほとんどがそういう事件です。


ひとつの出来事であっても、見方によってさまざま。
互いの主張が180度異なる事件もざらにあります。


訴状や準備書面を書いていて、ご本人の思いに胸が痛むこともあります。
しかし、心の中で泣きながらも、書面ではできるだけ事実を中心に書いていきます。

「どうしてそんなに冷静で公平なのですか!」と厳しいご指摘をいただくこともあります。それで、たまには厳しく書くこともあります。

ただ、事の善悪は神のみぞ知る。

どんなに抽象的で情緒的な言葉を重ねても、第三者は引いて行くばかりです。
重い事件であるからこそ、事実を積み上げていき、裁判所に事情をご理解いただくという行き方にならざざるを得ません。


…それにしても、重い事件で、事実を積み上げて行くだけの書面だって、書くのはなかなかしんどいものです。攻撃的な書面でも、防御的な書面でも、それは同じこと。
どんなにソフィスティケートさせても、重い事実というものはやっぱり重いものですね。

「泣くものとともに泣き、喜ぶものとともに喜ぶ。」
代理人というものは、そういうものでありたいです。
泣きながら、泣きしゃべりをしながらも、ご本人と裁判所をリードしていかなければなりません。
そして、最後にともに喜びたいですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-05-22 16:01 | 日々雑感
<< 新堀川 行動を早く。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.