行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日々挑戦。
わたしの課題はスピードアップです。


多くの仕事を任されるようになり、これまで同様、これまで以上の仕事を信頼してくださっているご依頼者に提供するためには、さらに効率を上げ、スピードを上げたいと思います。

打ち合わせや面談は、杜撰にはできないし、間違いのない処理のために必要な情報を得られる貴重な機会です。
弁護士と依頼主との間の信頼関係や、事務処理方針についての意思統一のためにも不可欠です。
ですから、そこでの時間は、直接事件処理に関わらないと思えるような会話で終わった場合でも無駄とは思いません。

問題は、自分1人でする仕事。
書面作成スピード、文献収集のスピードアップですね。
とっかかりがあって、のってくるとかなりの速度と体力まかせでいくらも書けるのですが、重い事件では、書面が進みづらいときがあります。のってくるまでが遅くなりがちです。
圧倒的資金力と事務所のキャパがあるならば、全部が役に立つとは思えない高額なデータベースをいくつも完備し、イソ弁さんや事務員さん増員で自分の負担を極限まで減らすという手もあるのですが、そういうわけには行かないし、今の自分には違うのではないかな、と感じています。



一人さんの「覚悟の話・無から有を生み出す話」のCDにもありましたが、「無を使える人」にならなければ、どんなにお金をかけたり、自分以外のものに頼ったってダメなのですね。

重い事件をいくつも扱わせていただけているということは意味があることだし、時間その他の不足にアジャストして乗り越えて行きなさいという、チャレンジなのではないのかなと思えてきました。
いくつもの無駄や、心の弱さを乗り越えて行きなさい。
ここを超えて行きなさい。
もう一段上に登りなさい。

そう、天から試されているのではないかと思います。


日々挑戦です。
そして、日々試行錯誤です。
常に前に進みたいから。
いつもできなかったことができるようになる感動を味わっていたいから。
天がわたしを試すなら、わたしも天を試すように、挑戦を続けたいと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-05-10 21:23 | 日々雑感
<< 光明は やる気を出す、維持すること。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.