行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
せっせ、せっせ。
大型事件は、複数の弁護士や他の士業の方と共同で担当することが少なくありません。

ここのところいくつかありますが、新しい件がまたスタートしています。


複数の専門家との共同作業は刺激になります。

それぞれが力を出し合って、知恵を、労力を提供し合って、モザイクが組み上がって行くように、仕事が完成に向かって行きます。
1つのタスクとしての仕事(例えば、裁判所提出書類)が終われば、また次のタスクが処理されねばなりません。ときには同時進行で進ませます。

弁護士は職人のようなものですが、複数の方と共同作業もまた会社のようでおもしろい。
プロジェクトが終わったら、また別れて行きます。


昨今の会社でも、部や課が固定的に決まり切った仕事をするのではなく、プロジェクトごとに集まり、別れて行くというスタイルにしているところがあるそうです。

全員がいつも同じスピリットで、同じ方向を向いてはいられないのですから、プロジェクトごとに離合集散していくというやり方は、新鮮であるだけでなく、効率的なのかも知れませんね。

さて、せっせ、せっせと仕事をします。
通常の他の事件もおろそかにできませんからね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-04-19 17:00 | 日々雑感
<< 新草野球チームを作ろうか。 ピラティス、pilates。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.