行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
弁護士の思いと依頼者の思い。
裁判は本人と代理人と2人3脚で進めて行きます。
時には、鑑定人や証人にもご協力をいただきます。


全く第三者的であってはいけない。
全く当事者的であってはいけない。
中庸が大切。

そんな弁護士の心得を、以前に聞いたことがあります。



本人の思いをうまく裁判所に届ける。
本人にとっての最善の道を一緒に考え、模索する。
だから十分なコミュニケーションが必要になります。

弁護士の思いと依頼者の思いがひとつになり、裁判所にもその思いを理解していただけたら、それ以外にいくらか問題点はあっても、きっとうまく行くのではないか。
共感し、共感する心が広がって行けば、何かが変わって行くような気がします。

弁護士には、気持ちのすべてをぶつけていただきたいと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-04-18 17:34 | 日々雑感
<< 事務所の前での事故。 否定的な連鎖からの離脱。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.