行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
とんちんかんな請求。
わたしは、これまでの業務歴のなかで合計4回(裁判官から1回、書記官から1回、相手方代理人の弁護士から2回)、「とんちんかんな請求だとわかってされているのか?」と尋ねられたことがあります。

4件とも和解で円満解決できました。
裁判官から言われた1件は敗訴的な和解で、そのほか、まずまずの満足的な和解2件、痛み分けのドローが1件でした。


とんちんかんに見られても、やらねばならないときがあります。


間もなく、また、久しぶりにとんちんかんな(しかも、かなりの程度で)請求をします。
裁判所や相手方の代理人弁護士にはすぐには理解いただけないかも知れませんが、事件の実態からは明らかに相談者に気の毒です。
願わくば、これまでの案件のように、解決に至りますよう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-04-05 12:11 | 日々雑感
<< 問題は時間をかけて。 いのちを支える詩…備忘録 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.