行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本のチカラ 〜技術力
Excite エキサイト :科学誌ネイチャー(本部・英国)が日本に編集本部を置いた意味は?
毎日新聞ニュース:ネイチャー 日本に編集部なぜ?…光関連産業分野でリード
…グレイドン編集長は「米国は元々研究者が多く論文数も多い。その点を考慮すると、日本の研究は質量ともに優れている。アジア各国を訪ね、新たな成果を発掘したい」と意欲的。日本光学会幹事長の伊東一良・大阪大教授も「ネイチャー進出は世界が日本の水準の高さを認めたということ。国際競争は激しさを増している。日本発で研究の質の高さを示すことが重要」と語る。



ネイチャーが、光に関する月刊の姉妹誌「ネイチャーフォトニクス」の編集部を日本に置きました。


つまるところ、日本の技術力が光関連部門では世界一だということなのでしょう。
おごらず、謙虚に、研究者や産業界の方々には研鑽努力を続けて欲しいですね。

光関連以外の分野でも、日本の工業部門での技術力が世界トップレベルであることについては、専門家・情報通の書かれたものがたくさんあります。

現在の世界の状況からすると、日本の生き残る道は、技術力で世界トップレベルを維持し続けること。

問題は、教育、でしょうね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-03-20 19:12 | 日々雑感
<< 注意したい詐欺被害。 「守・破・離」では、やっぱり「... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.