行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公正であるということ。
Excite エキサイト : 西武裏金事件

昨晩、農水相の答弁を批判する、古館さんや堀田力さんのコメントを聴きながらいろいろ考えていました。

その後、西武の裏金問題も知りました。



こういうのは、昔からあったことではないかと思います。

でも、なかなか表には出て来なかった。

「清濁併せ飲む」のが良いと言われていました。
多少ルール違反を犯していても、日本を引っ張っていてくれたらいい。国民の生活を豊かにし、国民を元気づけてくれる、政治家や野球チームが必要とされていたのでしょう。

今や、時代は変わった。

これからは、昔の未熟な民主国家のやり方ではだめ。
自分だけがよければいい。
ルール違反も気づかれなければいい。
こういう考えでは成功はできない。


公正が第一でなければならない。
腕力、権力、金権にものを言わせるやり方ではだめ。
ルール違反は、きっと表に出る。

公正こそが、一番の戦略。
道徳的には当たり前のこと。
ビジネスの世界でも、公正の利点が認識されるのではないかと思います。
道徳問題としてではなく、外部的な実利的な問題として、絶対にはずせない価値として。

現実に目に見える損害が出ているかどうかではない、ルールに則った経営をしているかどうか。公正かどうか。

いろんな意味で、日本は成熟した社会になってきたと思います。
個人としても、国としても。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-03-10 08:28 | 日々雑感
<< 学習塾講師の勧める勉強法に学ぶ。〜1 観察して、手放す。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.