行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
観察して、手放す。
「スティール・ボール・ラン」(11巻)(荒木、集英社)を読みました。

おもしろい!
わたしが、今未完で継続中のマンガで、唯一続けて読んでいるものが、「スティール・ボール・ラン」。

いつも、心にぐっとくるものがあります。


以前の、荒木先生のこのシリーズ(ジョジョの奇妙な冒険)で、ある主人公が、困難に出会うと必ずつうぶやく言葉がありました。

「観察しろ」


観察することは大切です。

自身に降り掛かった艱難辛苦も、とにかくじっと観察する。
簡単に論評評価をくださない。
すぐにではないかも知れないけれど、きっと答えが、まるで降ってくるように、頭に湧いてくるでしょう。

観察することは、客観視することでもあります。
客観視すれば、その問題も、物と同じに扱えるようになります。
やがて、手放すことも容易になります。
加工して、有益な経験として、心にしまうこともできます。

冷静に、観察する。
なんでもここから始めてみたいですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-03-09 16:05 | 日々雑感
<< 公正であるということ。 「こらえる」先にある方法 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.