行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「弁」に始まり、「弁」に終わる。
今日は、今まである1つの事件にかかっていました。

訴額は決して大きくはありません。
弁護士として扱う事件のなかでは小さな方になるのかも知れません。
しかし、ご本人にとっては切実です。

お金はもちろんですが、名誉にも関わります。
今後の生活にも関わります。

汚名はすすがねばなりません。
守らねばならないものは小さくありません。


今回の事件は、相手方の誤解に基づいているとすぐわかったのですが、それを証明するためには、やはりいくつものステップを踏まねばなりません。
重い誤解をときほぐすことはなかなか難しいです。
双方の厳しい、時には恥ずかしい現実もえぐり出さねばならなくなります。

弁護士が双方についていれば、裁判所の調整を経て、「わきまえる」部分で、多くの場合、理解の一致をみます。
そこで、和解ができます。

「わきまえる」部分ですぐに理解が一致するような事件ばかりならばよいのですが、そうではない事件も多いです。
だから、判決寸前にならなければ理解が一致しない場合も出てきます。
今日かかっていた事件は、おそらく判決寸前まで理解は一致しないことでしょう。


つきつめていけば、弁護士の仕事の大部分のウエートが「わきまえる」部分で占められています。
日本の法律はよくできていますので、事実が決まれば、ほとんどのケースで自動的に妥当な答えが出てくるものです。それに、事実がきちんと確認されたら、相手方弁護士や裁判官とで、判断が割れるということはあまりありません。

だから、「弁」にはじまり、「弁」に終わるとも言えます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-02-27 19:08 | 日々雑感
<< 「弁護」することはむずかしい、... 弁護って、どういう意味? >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.