行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
裁判所の積極的利用。
かつて受験時代に、刑法の教授で前田雅英先生の講義を聴いて感動したことを思い出しました。
前田先生が「結論が同じであるならば、理論、理屈、手順はシンプルな方がいい。」とおっしゃったときから、わたしは前田先生の理論、学説の信奉者になりました。

多くの場合は、前田先生のおっしゃったことが妥当します。
無駄は避けたいところです。


しかし、やはり交渉ごと、紛争ごとには、何が起こるかわからない。
事実がどうであったのかは、わからないこともある。
やはり、きちんとしたルールに則って、主張をぶつけあい、立証を競い合って、真実を発見し、解決を図っていくという保障のある裁判所で話を決めるということは正しい行き方だと思います。

その意味で、ふつうの市民が交渉ごとに不安を感じたら、裁判所に、調停や裁判を申し立てることは当たり前のこととして、もっと考えられてよいと思います。
この場合は、結論がどこにあるのかわからないのですから。

企業の場合には、それが大きく、有名な企業であればあるほど、むしろ裁判に行くまでになんとか努力して解決した方が、よいのではないかと思っています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-02-16 14:43 | 日々雑感
<< 庭先のミニ薔薇 裁判にならないと解決できない事... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.