行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
弁護士同士なら話は早いか?
弁護士は、事件着手時には、「かたぎき」であることは承知の上。


できるだけ、客観的事実の存在を確認し、相談者の説明内容がある程度信じられる段階になって、受任します。相談者は依頼者となるのです。

しかし、常に、依頼者の経験や理解に反する事実や見方が出て来ないか、注意をします。
だから、最初から決めつけるような態度ではなく、バランスを依頼者側に置きつつも、相手から得られる情報には敏感な状態に保ちます。

予想外の事実が出て来て、それが確からしいと確認できたら、最終的に訴訟でどんな結果になるかを思い描きつつ、軌道修正をしていきます。

それが依頼者の利益や社会的正義にもマッチすると思えるからです。




「弁護士同士ならば話が早い」としばしば言われます。
それは、依頼者の利益を無視して弁護士同士でなあなあに処理してしまうから、というのではありません。

弁護士同士であれば、互いに「かたぎき」のリスクを承知しています。
それに、裁判になったらどうなるかという、いわば相場のようなものに対する共通認識があります。

だから、バランスを取りつつ、双方の依頼者に貴重な時間や費用の無駄をさせないために、双方に十分満足できそうな落としどころにたどり着きやすいということなのですね。


ただ、弁護士も大増員時代です。
業界も様変わりの過渡期です。
今後も「弁護士同士ならば話が早い」と言えるか、それはわかりません。。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-02-14 19:32 | 日々雑感
<< 当番の日 かたぎき。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.