行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ないものを嘆くか、あるものを活用するか。
何かを失う。

それは辛い経験です。

でも、失ったものは戻ってきません。
戻ってくる可能性のあるものならば、そしてそれがかけがえのないものであるならが、それが戻ってくるために努力を惜しまないことでしょう。


失ったものが戻らないとするならば、今あるものを大事にする。
これからの機会を確実にする。

結局、それしかない。



「人生を変える!心のブレーキの外し方」(石井裕之著)には、「答えの出ない質問に潜在意識が答えを求めて無駄にさまよう状態からの脱却が大事」というようなことが書かれていました。

ないものを嘆く行為はまったくそれ。


焦点を、今あるもの、これから得られるであろう機会に当てるならば、潜在意識が、パウロ・コエーリョの言葉を借りるならば、「全宇宙が」、わたしに味方して、わたしの希望の実現を手助けしてくれるはず。


今あるもの、これから得られるであろう機会に、あなたの焦点を当ててみましょう。
今あるものが変わり、これからどんどんよい機会に出会い、ものにしていくことができるのではないかと思います。

「人が真剣に何かを願うとき、全宇宙が味方して、それが実現するのを手助けするのだ。」(「アルケミスト」、パウロ・コエーリョ著)
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 14:56 | 日々雑感
<< ドアが揺れる The Firm イングリッシ... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.