行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ロード
e0026495_11285014.jpg

今日は、名古屋地裁の本庁以外の2件の裁判のはしごです。

朝が、名古屋地裁半田支部。(10時20分ころ、出頭された訴訟当事者らしき方が、意識をなくされて、救急車が来ました。青い顔をされて苦しそうでした。無事だとよいのですが。ご回復を祈ります。)

午後は、1時過ぎから、岐阜地裁です。

どちらの事件も、弁論といって、主張の応酬と進行協議のための期日なので、1日のうちにいくつもすることが可能です。基本は書面での応酬ですから、出頭する期日までに十分な準備は済んでいますから。

ところが、これが証拠調べ期日であれば、わたしなら、1日に1つにします。証拠調べ、つまり当事者尋問ないし証人尋問は、当日の直前の打ち合わせや尋問それ自体にエネルギーを要します。
最近では、関係者をまとめて1日のうちに尋問してしまうやり方が採られることも少なくなく、やはり疲れます。
もし、1日のうち、1つ証拠調べがあるとするば、それ以外の予定は、報告的なやりとりだけが予定されている弁論(シビアな対決的な弁論は避けます)、緊急性の少ないと思われる法律相談にしています。

昔懐かしい、のどかに見える風景(昔、この辺りにフナ釣りに何度か来たことがありました)も、太田川駅まで。
風景は田園から、工業地帯、都市の様相となります。
名古屋市を抜けるまで、それが続きます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-12-18 11:28 | 日々雑感
<< 救出された切符 これはおもしろい! >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.