行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
主張自体失当。
主張自体失当とは、裁判用語ですが、準備書面や判決書で極めて稀にお目にかかる言葉です。

主張として、法律要件を具備していないということ。
そもそもが無理な主張であったり、形式上もっともではあるけれども、法律要件の中身をなす事実の主張、立証がない場合であったりのことです。

通常は、弁護士がついていない、本人訴訟の場合に、しばしば現れてくる問題なのですが、弁護士がついていて、「主張自体失当である」と判決書で書かれると、書かれた弁護士はかなり痛いです。
(幸い、まだわたしはありません)



裁判官が、「準備書面での主張内容をもっと詳しく説明してください。」と当事者や代理人弁護士に言われることがあります。

こうした場合は、要注意。
「既に、ご説明済みであります。」とか、「主張としては完結しており、その必要はないと考えます。」などとは絶対に言わない方が良いと思います。
裁判官は、親切にも、「主張として不足していますよ。」、「このままだと主張自体失当ということになりますよ。」とサインを送ってくださっているのです。

わたしは、こういう助言をいただけたなら、感謝感激します。
きちんと、丁寧に構成しなおし、証拠も引用して、わかりやすく書き直します。

自分のミスで負ける、というのは許されない。
ミスの芽を摘むことは大事だと思います。

裁判所がだまし討ちをしたり、泥舟を出すということなど、ありえません。
言われた意味をよく、吟味して、立て直しを図るのが得策です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-11-22 12:19 | その他法律関連
<< ミスをしない、ミスに気づき反省... 既存のものに一工夫 〜その2 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.