行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人を生かすもの。
「人はパンのみにて生きるにあらず。」と言いますが、人を生かすもの、本当に生存しているだけではなく、生活し、それも生き生きと生活させるものは、夢であり、信念であり、信頼です。

こうなれればいいな、こうなりたい、こうなることができる、そんな思いです。
それらがなければ、生存しているだけであり、どうせだめだ、きっとだめだ、できるわけがないという思いに凝り固まるならば死の速度を速めるだけのようになります。

わたしは、キング牧師の演説が好きです。

シンプルで強い言葉です。
「わたしには夢がある。」

この場合の夢は、漠然とした抽象的なものではなく、信念のレベルに達した夢です。
それが語られた時代には、制度的にはキング牧師の夢を実現する基盤はありませんでした。キング牧師の夢を妨げる堅固な障害が制度化されていました。

キング牧師は信念が通じる前に倒れましたが、そのあとに続く人々が彼の言葉に生かされ、覚醒され、彼の信念を実現するに至りました(まだ完全ではないとは思いますが、機会の公平はかなりのレベルで実現されているのではないでしょうか)。


「人はパンのみにて生きるにあらず。」
「幻(夢)がなければ民は滅ぶ。」
どちらも聖書の言葉でしたでしょうか。

信念にまで落とし込まれた夢こそが、人を本当に生かすのではないかと思います。
一時の熱狂ではなく、静かで確かな信念こそが人を本当に生かす。


「わたしには夢がある。〜になり、〜となり、〜となる。」
いつも辛いときには口に出す。
困難を乗り越える力をくれるのは、自身の夢、信念。

でも、いつも言っていなければ、本当に辛いときにいきなり口には出ませんから。(*)
だから普段から口にする。人にではなく、自分自身に言い聞かせる。
*そういえば、一人さんの言葉にありましたね

小さな子供にも同じことですよね。
その昔、心ある大人は子供に対して、「立派な人になるのだよ。」「世の中の役に立つ人になるのだよ。」と言って聞かせたものです。子供の方ははじめよくわからないけれど、大きくなるにつれて、節目節目のときに、その言葉を思い出し、悪い道に進まずに正しい道を選択できたと言う話をよく読みます。
「ふつうでいい。」「稼げる人になるのだよ。」という言葉では、小さな子供の夢の芽を摘み、あるいは歪めてしまうのではないかと思います。
(でも、自身で信じていないならば、伝えることは出来ません。現在の教育の問題は、教える側の問題でもあります。わたしは教師の仕事はもっと評価されなければならないと思ってしまいます。評価のシステムもどうにかしたほうがよいのではないかとも思います。どうも、がんばっても同じではやる気もなくなりますし。警察官しかりです。)

さて、キング牧師のスピーチ。
ネット上で公開されていました。
映像も、原稿もダウンロードできます。
i have a dream で検索すればいくつか出てきます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-10-30 04:56 | 日々雑感
<< 生きていればなんとかなる 所得隠し。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.