行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
粗悪ガソリンには注意。
この間、灯油混入ガソリンのせいでエンジン周りが損傷したようだ、おかげで修理代と営業損が出た、損害賠償請求ができないか、という相談がありました。

ガソリンの仕入れ価格が上がり、そもそもが税負担で利益が薄いところにダメージを受けて、灯油等を混ぜた不正なガソリンを給油するGSもあるようです。

愛知県内でも、逮捕者が出ていますね。
もっとも、嫌疑は税法違反ではありますが。
税金を安くするため、税負担の大きいガソリンの販売量を減らすため、税負担の小さい灯油を混ぜて脱税したということです。
ドライバーとしては、「安いガソリン」とし「てついてる!」、と思った。
これがその後とんでもないツケを負担することに。


問題は、因果関係を立証できるかどうか、ですね。
事件として依頼されたわけではないので、給油先GSのガソリンを抜き取り調査して混入物があるかどうかを確認、混入物のせいで現在の症状が出るかどうか専門家の意見を聴き書面化(意見書ないしは鑑定書をもらう)、当該給油先での給油回数・頻度とトラブル発生との時間的場所的接着性の確認…等のチェックが必要だとお答えしておきました。


ガソリンは、車のエネルギー源、血液のように重要なもの。
安いからという理由だけではGSを選べませんね。



そういえば、町中で黒煙をマフラーから吐き出しながら走る車に気づくことが多くなりました。専門家に言わせると、「普通のガソリンを入れていて、あのような黒煙が出ることはない。」そうです。
黒煙が出るようになったら、要注意。
どこかおかしいはず。ガソリンと無関係にそもそもガタが来たのか、ガソリンがまずい可能性があると思います。

口に入れるものに注意するように、車に入れるガソリンやオイルには十分注意しないと、安いからと節約したつもりがかえって高くつくこともありそうですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-09-19 17:24 | 日々雑感
<< ケルト音楽。 衝動買いした野球用品。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.