行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
口に入れるもの、頭に入れるもの。
わたしは、「40代以上はサプリメントを摂取しよう」と勧める佐藤富雄先生の本を読む前から、サプリメントの類は自分で選んで納得したものは飲んでいました。
そう、船井幸雄先生が本でいろいろ紹介される度に安価なものだけ試したりしていました(船井先生は、良いと思うと本で紹介され、絶賛されていましたから)。

どうせ、腹痛まで起こすものはないだろう。
ただ腹に入って、出て行くだけだ。
安価なものなら授業料として納得できる。
いいものが見つかったらもうけもの。

そんなふうに思っていました。

消えてしまってなくなる飲食物にはあまりこだわりを持ちませんから、サプリメントにもぜんぜんこだわりません。ブランドにも、成分バランスにも。
だから、決まって摂取しているサプリメントや決めているブランドはありません。
なんとなく、その場その場で「今の自分に必要かな?」と思うものの中からリーズナブルな価格のものを見つけて買ってみます。重複しないように、わりと見えるところにおいて無駄にならないようにします。

それでも忘れて放置されるものがいくつか。。。。
薬ではありませんから。
一応健康ですから。
こだわりは少ない方がいいと言いますし。
だから、必要だと感じたときだけで十分だと思っています。

前に、体調を崩されたという方に「多分、これがいいんじゃないか。」と思うサプリメントをうっかり差し上げてしまったことがあります。
これは後で反省しました。
やっぱり、ふつうは「口に入れるものだから。」というものがありますからね。

さらに進んで思うことがあります。
口に入れるものは、今日ではいきなり命までなくなってしまうようなものはあまり出回っていないはず。(中国製ダイエット食品で危険な物もあるにはありましたが)せいぜいが腹痛か。それ以上は「おかしい。」と思ってやめる可能性大。効果を感じないなら無駄ですし、おかしいと思えばやめたほうがよいですからね。

でも、頭に入れるものはどうでしょうか。
中村天風師が本の中でおっしゃっていました。
「こっち向け、あっち向け、と身体を自由にされたら怒るくせに、心を自由にされても怒らないのはおかしいことだ。」と。
頭に入れるもの、そう、自分の頭に入れるものや他人の頭に入れるものにも、もっと注意した方がよさそうです。

言葉と態度、です。

口に入れる物のように、ダメなものでもすぐには反応は現れません。
だからこそ、徐々に自分自身の心と他人の心を傷つけ、体調や運命や人間関係に影響を与えて行きます。
今日頭に入れるものがもしかしたら、遅効性の毒物であるかも知れません。
頭に入れる物は口に入れる物よりもはっきりした基準があります。
口に入れるもののように、「良薬は口に苦し」などということがありません。
頭に入れる物で、良い物は決まって心地よいし、悪い物は不愉快です。

頭に入れるもの、言葉と態度には改めて気をつけようと思いました。

*追伸 
読むもの、聴くもの、観るもの、も頭に入れるものですね。
気をつけたいです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-09-06 08:50 | 日々雑感
<< わ、男子。 トラブルは不可避。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.