行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
教育ということについて思うこと。
受験偏重の下級教育機関にあってはなかなか難しいことかもしれないけれど、10代のころに、もっと多くのこういう話(海音寺潮五郎の「黒田官兵衛」、岡本太郎の「尾形光琳」)を聴いてみたかった。


お盆のせいか、懐古的になってしまう。

わたしが10代の頃はそれぞれが大変苦労した時代であった。
戦後を生き延びて高度経済成長を支えた父たち。食べるのがやっとで生きてきた。
団塊の世代前後にあって高学歴を有し、才能がありながら、自らの夢をあきらめて教師になった先生たち。時に理解しがたい先生たちの哀しみを感じることがあった。
受験戦争と言われた競争社会が始まり、共通一次試験世代のトップランナーとなったわたしたち。身近なクラスメートとの関係もテストの点数が基準となっていた。
冷戦構造の中で身近には韓国、台湾と軍事独裁政権が存在し、国内では金権腐敗と、世界に緊張感と対立軸が明確に存在した時代だった。

よほどのできた人でもなければ心の余裕を持ち得なかった昭和の後期。
思想や宗教や派閥や点数(ガリ勉・ヤンキー)で敵を作って争い、仲間内でも争いつつ不安定にバランスを取っていた。


今ももちろん形が変わっても厳しい時代ではあるのだろう。
ただ決定的に違っているのは情報。量とコストが断然変わった。
心有るものはどんどん進んでいける。
心有るもの同士、どんどんつながっていける。その効率は格段にアップした。
有り余る情報から真実の情報を選び出す賢さが必要ではあるが、機会の多い時代になった。
今の10代の子供らが情報過多の渦に飲み込まれないように、自身で心の芯を作っていけるような教育を考えていかなければと思う。

芯さえできればどんどんと育っていける社会であり、それがまた格差社会ともいわれる所以かもしれない。
しかし、わたしは現代日本では、中世のような過酷な階級社会は来ないと思う。
現代日本のような開かれた社会では、門地家柄や学歴によらず、年齢によらず、社会に喜ばれる製品やサービスを提供すれば必ずリターンがあるシステムができている。
良いもの、本物には必ず人は応援したくなるし、応援した人にもリターンがあるような「株式会社」、「プロジェクトファイナンス」というものが存在している。

人には個人差があり、成長するにも時期がある。
学校ではついていけなかった人でも早くから社会に出て実地で勉強して大成功する人がいる。昔からそういう人はいるにはいるが、IT革命で情報のコストが格段に下がった現代は、そういう人が出やすい時代ではないかと思う。
中年で才能が花開く人もいる。環境に恵まれない人でも安価で入手できる情報を蓄積すれば、大化けすることもIT革命以前よりも容易なことだ。
また、地元で売れない製品やサービスも世界が商圏になった現在、売れる商品となりうる。

セーフティネットとか言われるが、既にそういったものはできているように思う。
あまりセーフティネットを拡充させると、他人に迷惑をかけても「やったもんが勝ち」になってしまわないか、気がかりなところである。(張本人が「わたしのような失敗した人間がやり直せる社会にせなあかんと思うんです」というフレーズにしらけた人は少なくないのではないか)

大事なことは、教育であり、その根幹は徳育ではないか。
努力や克己心、誠実であること、家族や隣人を愛する心、平和と国を愛する心を育てる教育ではないか。

そんなこんな考えてしまったが、何より大事なのは、モデル。
大人たち自身がしっかりしなければ何にもならない。
大人が実践できていないことは教育できない。
うさんくさい、インチキくさいと反発を買うだけ。

結局は、自分自身の再教育から始めなければならないことに気づいた。
無言の言葉で語れる大人になりたいものだ。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-08-14 08:57 | 日々雑感
<< [24時間−数時間]弁護士。 歴史上の人物に学ぶ。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.