行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
亀田選手、You Tube.
ネット上で評判になっている亀田興毅選手のお父さんとやくみつるさんの論争をYou Tubeで初めて観ました。

思考力が著しく低下してぼんやりしていたのですが、しゃきっとしてしまいました。

You Tubeは、自分の撮影したビデオだけでなく、テレビ録画もあるのですね。
映画などの映像作品はないとは思いますが、報道番組はアリなのですね。
驚きました。

You Tubeも、著作権者からの削除要請には対応しているようですが、著作権の問題もこういう時代には違った見方が必要なのかも知れません。
ネット社会ではよほどのアウトサイダーでなければ制止されない。
コストがかかり過ぎて制止しきれない。
しかし、それよりさらに進んで、そういう現状を受け止め、それをふまえて現状にマッチした新しい売り方を考えていくべき、ということなのでしょうか。


それにしても、やくさん、やりましたね。
亀田選手のお父さんも怒る、怒る。
ガッツ石松さんが、これまでのキャラを破り、とても冷静な大人としてお二人を仲裁してます。

不良キャラはいまだに受けるけれど、やくさんの気持ちもわかります。

10代であれば多少生意気なくらいが元気がよくて期待できます。
わたしも痛快で気持ちもよいと思いましたし、応援していました。
でも、周りにあんな子供、青年ばかりになったらイヤですからね。

社会は確実に成熟に向かっているのではないか、と思います。
やんちゃもいい。でも実力が伴っていてはじめて「許してもらえる」だけ。
力づくで威嚇して、肘で他人を押しのけて進むような生き方では成熟した社会ではつまはじきにされるだけです。
自分がそうされたら、誰でもイヤなのではないか。

自分がされてイヤなことは他人にもしない。

これは常識。

パフォーマンスも必要だけれど、程度問題でしょう。
やくさんもちょっとやりすぎだったけれど、「やっぱり何か変だよ」という人たちの気持ちを代弁していたと思います。

また、亀田選手のお父さんも、子供を守るため、という気持ちが出ていて、嫌味はありませんでした。立場上、あのように振る舞うしかなかったのですから。

残念なのは、パフォーマンスではなく、良識、「自分がされてイヤなことは他人にもしない」といった簡単な真実について亀田選手のお父さんがどう思っているのか、また亀田選手のパフォーマンスが若い世代にどう影響するかといった視点を持っているか、にまで議論が進まなかったことです。


「スポーツ選手は、社会、特に子供たちに与える影響まで考えた言動を取らねばならない。」と、メジャーリーガーが言っていたと思います。

多少やんちゃでもよいけれど、できたらパフォーマンスとして許される部分と子供らの模範としての部分とを考えてほしいと願う次第です。。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-08-08 21:15 | 日々雑感
<< 静かな朝。 市バス >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.