行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
緊急案件。
当事務所で「緊急案件」という場合、現在では借金整理関係の事件が多いです。
「今すぐ相談をしてほしい。」と言われる方の割合は、圧倒的に借金整理関係の事件が高いです。

ただし、どんな事件の「緊急」のご相談であっても、前よりも「冷静」な方が多いです。

以前は、合法違法問わず、紛争の相手方による強硬な手段にパニックになってお電話くださる方が多かったように思います。
これは借金の問題も含めてです。


しかし、最近では、ネットでさまざまな情報が得られ、またみなが自分でできるだけ勉強されようになったので、パニックになってしまわれる方が少なくなったのかも知れません。


ただ、冷静にはなても、お金の問題は差し迫った問題。
それゆえ、借金の問題についての「緊急」のご相談が目立つのではないかと思います。

だいたいの対処の仕方はネットや本で仕入れた情報で十分わかる。
しかし、現実問題として、次の支払日が近い、差し押さえされてしまうと生活できない、など人それぞれではありますが、生活の基盤が保てなくなるということは大きな問題です。


それに、最近のご相談者は、非常によく勉強されている方が少なくありません。
いくつかの選択肢の中からどれがよいか、ある選択肢を選んでその後にどんなことがありうるか、さらには「ほかの弁護士にはこう聴いたけれども間違っていないか?」などというセカンドオピニオンを求められる方までみえます。
以前は、弁護士会の法律相談などで、例えば「父親が亡くなって、母と子供3人と父の愛人の子が1人いるが、相続分はどうなるか?」というような条文一発で回答できる相談がかなりあったのですが、今はまるでそういった楽に回答できる相談はなくなりました。

そういう意味で、法律相談はある面で大変になりましたが、むしろやりがいもありますね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-07-10 13:45 | 日々雑感
<< 敵方とのいい関係。 市民大会トーナメント。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.