行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
歌のチカラ。
その昔、前にこちらでもご紹介した友人弁護士の横浜弁護士会所属で関内に事務所を構えて20年になるT先生が、「歌の力」について教えてくれました。

当時、わたしは「日本の歌なんて、ミーハーなもの。ほとんどが恋愛や甘ったるい歌で虫酸が走る。」くらいに思っていました。
当然聴くのはハードロック、あるいはクラシックでした。

しかし、司法試験に不合格になり、落ち込んだときに、彼がくれたのが長渕剛さんのテープ(そう、昔はカセットでした)、松山千春さん、それから最後にさだまさしさん。
逆の順序だったら、絶対に聴かなかったと思います。

(ラジオでエアチェックしたテープで)
長渕さんの、「ハングリーツアー」のライブを聴いて励まされました。
松山千春さんの、足寄での思い出を語ったライブトークを聴いて奮い立ちました。
さださんの、「風にたつライオン」を聴いて再び歩き出す勇気を得ました。


T先生は、本当は獣医か、シンガーソングライターになりたかったのですね。
当時は声もルックスもよくてモテてましたし。(もう10年も会っていないので今は???)


歌って、魂を揺さぶる力がありますね。
歌詞はもちろん、メロディ、声自体にも。

昨日から、PANDRAで、Enya局を作って聴いていますが、そこでかかったシンガーの中でものすごく声のきれいな人がいました。
Orla Fallonという女性シンガーです。
透明感、やさしさ、あたたかさは独特です。

それと、日本の歌手では、マイナーなのですが「リラ自然音楽」(実はこれがどういうものかはサッパリわからない)の青木由有子さん。
新盤を買ってしまいました。


このお二人の歌声には心底癒されます。

Connie Doverもとってもイイ。中古CDをネットで注文してしまいました。Orla Fallonは日本では売っていないので思い切ってアメリカのアマゾンに注文。。。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-07-07 17:24 | 日々雑感
<< 追われながら追いかける。 考えることと悩むこと。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.