行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
法外な請求。
今朝の一番最初の事件は、こちらが申し立てた訴訟事件。

相手方から出た答弁書には、「法外な請求金額である」と最後に書いてありました。
そう、確かに相場以上に高額かも知れません。
しかし、理屈は一応立ちますし、こちらのご依頼者の感情の問題もあります。

判決になった場合(判決まで行かずに和解で終了する事件は極めて多いです)、やはり相場が基準になってきます。
ご依頼者の気の毒な事情を考えた場合、どこまで相場を超えられるか、が重要です。

およそ事件はどれとして同一のものはありません。
ですから、「相場」も一応のものであるはず。
特殊事情をどこまで発掘でき、裁判所に理解しやすい形で提供できるかどうか、が重要です。


非常識な裁判を起こしたり、非常識なほどの大成功を依頼者に約束するような弁護士は余りいません(There is no rule without exceptions.)。
しかし、事情によっては「相場」に挑戦することも必要ですし、高額に失するとわかっていても請求せざるを得ない場合もあります。

依頼者の物心ともの救済のために、依頼者が当該事件を超えて行けるようにするために、裁判官や相手方弁護士から小言を言われようとも、やらねばならぬ場合もあると思います。(専門家からは「アイツ、あほか?」と思われ、相手方当事者の怒りと憎しみの対象にもされかねないリスクはありますが…)
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-07-05 14:47 | 日々雑感
<< 北朝鮮には困ったものだ。 新しい道具。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.