行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
十人十色。
今日も弁護士会から法律相談への出動を命じられていたので多くの相談者のお話を聴いてきました。

十人十色、とは言っても、根源的な問題は似通っているような気がします。

うまくまとめられませんが、本日お会いできた方はどの方も真面目。
本当に一所懸命がんばって来られました。

ただ、自分の力だけでは処理できそうにない問題に当ってしまった時に、一番身近にいて助けてくれるべき人に相談しなかった、あるいは身近に誰もいなくて法律相談や税務相談などの専門家に相談できる場所があることを知らなかった。

不安を感じたときは、まず相談されること。
身近な人に、それからいろんな公共団体で実施されている相談会に出掛けるとかされるのが良いです。


決して手遅れの問題などありません。
どこかに道はあります。

ミスは誰にでもあります。
ミスを隠したりするから、傷が大きくなってしまいます。

ミスを隠そうとしたり、見栄を貼って収入以上のものを借金で買ったりすることの背景には、自己評価=セルフイメージのバランスが悪くなっていることがあるのかも知れません。
劣等感や焦りが問題の根っこにある場合も少なくないように思います。
(もっともこの点は自我の問題とも絡み、人間の永遠のテーマなのでしょうね)


ミスを犯したからといってダメな人間であるなどということは決してありません。
きちんと対応しさえすればよいし、それがきっかけになって新たな展開があるということだってあるのです。
ミスや困難は成長のために必要なスパイスでもあります。



どんなときにも、自分を大切に。

「自分を赦します。」
「自分のことが大好きです。」
「いつでもしあわせ、すべてにありがとう。」

人はいつからだって、どこからだってやり直しはできるものです。
生きている限り成長できるのが人間です。
転んだら立ち上がってまた歩き始めましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-06-12 18:11 | 日々雑感
<< 帰宅中、勉強中。 十分な休養。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.