行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
立ち位置を決める。
およそ苦労は立ち位置が定まらないことから起こって来るような気がします。

自分が何者であり、何をしたいのか。
どこへ行こうとしているのか。

簡単に言ってしまうと、それがわかることがと立ち位置が定まることです。
立ち位置が定まると、後は楽です。ただ進めば良いのです。
Just do it! ですね。
あるいは、困難が来てもやりすごすだけ。


立ち位置を定めること。
これがまた人生のテーマそのものであるような気もします。
ひとつ見つかり、また迷い、努力する。
これだ、と思ったのに、まだ、まだ、まだ先がある、次がある、というように。
ある立ち位置から、次の立ち位置へ。

一歩一歩着実に前に進まされるようになっているのでしょうね。

肝腎なのはどこのポジションにいても確固たる立ち位置を保つこと。
自身の立ち位置が定まらない、わからないならば、その場その場の状況に流されるだけ。大波にもまれる難破船のような個人、企業になってしまいます。うまく行けばラッキー、というギャンブルのような人生、経営ですね。
より大きく、強い存在に自己投入、依存して、翻弄されて、心身ともに収奪され尽くしてしまったりします。


自我の確立、エゴではない健全な自負心の確立。企業ではCI。
それがあってこそ、立ち位置も定まるのではないでしょうか。

いろんな相談者、依頼者とお会いし、お話を伺い、考えさせられます。
そして、「では、自分はどうだろうか?」と問いかけをしています。


少なくとも今現在、立ち位置は定まっていますか?
その先を見ていますか?
業界内での会社としての立ち位置、会社内での自身の立ち位置、家庭内での立ち位置…。

今日は自分自身のこともちょっぴり考えてみました。
たまには確認してみるのが良いですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-05-10 18:05 | 日々雑感
<< 充実した1日。 ビジネス・ノウハウ本は常に手元に。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.