行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
離婚、相続はどうか。
離婚、相続も簡単そうで難しい事件です。

最先端の法律的知識は必要なさそうな、身近な事件です。
ですから、無資格者が非弁(弁護士法72条)に該当しそうなコンサルティングをしたり。

しかし、人情と財産とが交差して事実関係の特定が困難であり、かつ時効や調停の次の手続まで見越した処理計画が必要であって、生半可の半可通の知識で関与することは危なっかしい。

法学部を卒業し、場合によったら大学院も修了し、司法試験に合格した弁護士有資格者であっても、いい加減な気持ちで当れば大変なことになります。

下手な助言をし、合意書を作成し、ミスが生じようものなら、離婚や相続でも損害賠償ものです。だから、殆どの弁護士は、渉外事務所や特許事務所に所属していない町弁であっても、上限2〜3億円の損害賠償保険に加入しています。

一般に無資格で相談に乗ったり、アドバイスをされたり、契約書面作成に関与されたりする方たちは、そこまで考えられているのでしょうか。万が一のときには我が身に災難が降り掛かります。そうでなくても非弁で問題になることもあるでしょうから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-04-10 14:56 | 日々雑感
<< 徹夜作業を支えてくれたもの。 破産は弁護士にとって「おいしい... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.