行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
条文が基本。
現在、わたしの所属するある委員会で特殊任務に当っています。
007みたいでかっこよいのですが、地味で目立たず、常に人員不足気味の任務です。
現在は、懸案事項の条文チェックをしています。
仕事で普段つかわない法律の条文ですので、新鮮ですし、ちゃんと勉強しておかないと弁護士会としての不始末になってしまいますので、神経を使います。

その作業をしていて改めて思いました。

わたしたちの仕事は全て法律の条文が出発点。
条文が基本。
これを外してしまったらいけないですね。


基本に立ち返ることは大事です。
お手軽なノウハウ本もとっかかりには役立ちますが、まず基本。
わたしたち弁護士が法律の専門家として、法律事務独占が許されるのは、法律解釈能力にあります。
わたしたちに相談依頼があるのは、誰もがネット上に溢れているような表層的な知識では物足りず、教科書に書いてあり、条文に書いてあり、判例にあるような規範が自分の問題にはどう当てはまるのか、自分の問題が裁判所ではどういう判断をくだされるのか、知りたいからなのですね。

わたしたち弁護士は、条文を解釈し、判例を知りかつその射程距離を図る能力、当てはめの能力を大学や予備校での長年の学習で培い、かつその基礎的能力を司法試験で確認され、さらに研修所で実務と倫理についての研修を修了したことが評価されました。しかし、それは過去のこと。

常に意識して学んで行かなければ、弁護士としての位置は業界の内外でもダウンしていきます。

まず六法を引いて考え、定評のあるコメンタールで確認し、判例を読む。
さらに分からないところは、学者の最新の論文を読む。
こういう準備を日頃から行うことが大事なんですね。
お手軽な情報だけでは、その先がはっきりと読めません。


この日記で条文の素読みをしていこうかな、と思います。
会社法から始めていきます。

わたしたちにとっての条文の素読みは、イチロー選手にとっての素振りと同じ。
みなさんにとっての素振りはなんですか?

今日もがんばっていきましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-03-25 16:11 | 日々雑感
<< 会社法関連で役に立つサイト。 会社法 第1条、第2条 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.