行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
久しぶりの私撰刑事事件。
わたしは刑事事件は基本的には国選しかしません。
かつて私撰をいくつかやってみて、疑問に思うことが少なくなかったからです。
国選も今は若手や定年退官者弁護士が多数受任するので、わたしのところにまわって来なくなりました。

しかし、どうにもこうにもやらねばならないでしょう、という事件だけはさせていただくことにしています。

刑事事件は人間ドラマですね。
良い人たちとの出会いがあれば、達成感も充実感もあります。
間違いは犯したものの、素直に反省し、改善更生を誓う被告人。
被告人を支える家族。
被害者がいる場合には被害者による赦し。

民事事件では感じることができないやりがいを感じるときもあります。

ただ、刑事事件は時間的に余裕がなければ受任不可能です。
面会や打合せを急に時間を作ってやっていかねばならないからです。

ですから、今のところは民事事件だけで手一杯、ごくごくわずかにいろんなご縁をたどって依頼され、どうしてもやらなければ、と思わされるような刑事事件だけになっていきます。
たぶん、多くの弁護士が経験を経るごとにそうなっていくはず。
だから、シビアに検察や裁判官とやりとりをしていく事件になると、刑事専門の弁護士に相談されるのがよいと思います。


わたしはご縁を大事にしたいと思いますし、わたしなどで良いと思ってくださる方の件を担当させていただくだけです。

今日は、本当に被告人の心からの反省と彼を支える素晴らしい家族たちに出会うことが出来、心が新たになりました。
立ち直って行こうとする被告人の熱意、家族の熱意に負けない仕事をしていかないと、と思いました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-03-22 12:08 | 日々雑感
<< WBCのくれたもの。 そして夜は更けていく。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.