行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自分を知る。
少し前は今の中国政府がキライということで、中国古典からも遠ざかっておりました。

今は再び、月刊誌「致知」を購読するようになったせいもありますが、再び中国古典にも手を伸ばしております。

三国志や孫子、孔子や孟子の言葉にも触れています。

中共の抗日教育や一族なで切り墓まで暴くというメンタリティはどうしても好きになれないけれど、やはり中国古典は学ぶところが多いですね。
一時の目に見えるところだけで毛嫌いし、学ばないのは大きな損だと、またしても反省です。
いつか、中国にも行ってみたいとさえ思ってしまいます。(たぶん、ずっとずっと先でしょうが)


自分、自分の考えというものも、ころころ変わる危ういものだけれども、その時々の自分の力量については一応把握していなければなんともなりません。

中国古典を読むようになり、自分(の力量、技量)を知ることの大切さを感じました。

特にそれを思ったのが、実は今朝のバットの素振り。
900グラム近いバッティングセンタ−用の硬式バットで素振りをしていたのですが、ミートポイントを見て愕然としました。
バッティングセンターで球を打つと、劣化した球や、プラスティック球だと、バット表面に球痕がつきます。
その球痕が、トップでミートしようというわたしの意識とは反対に、バットの真ん中あたりに集中していたのです。
これをどう見るか。


・試合ではトップバランスのバットを使用しているが、自分の打撃はミッドバランスのバット向きなのではないか?

・バッティングセンタ−用の硬式バットがミッドバランスなので、バットのバランスに応じて自然にミートできていたのか?

答えが上であれば、試合用のバットをミッドバランスに変えねばなりません。
下であれば、どんなバットでも使えるようになったということ。ただし、トップバランスのバットでバッティングセンターで特打をして確認が必要になります。

…ただ、なかなかバッティングセンターに行けないのが難です。

さて、同様に仕事にかかわる自分自身のことについても、棚卸しをして反省。
今週は自分を見つめ直す週なのかも知れません。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-03-15 12:47 | 日々雑感
<< 借金の片付け方。 がんばれ、受験生。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.