行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
あるがまま、一所懸命。
「追われるよりも、追いかけろ。」
そう言われることがよくあります。

逆もまた真なり。

受けた仕事は、「追われるよりも、追いかけろ。」でしょう。
前倒しで処理する。
これが難しいのですけどね。
意識としては常に攻撃。

受ける前の仕事や人はどうか。
プッシュ、プッシュで何かを勝ち取って行く人もいますが、そういうスタイルが合わない人もいるでしょう。
わたしにも合わないようです。

だから、意識のきりかえが必要です。



…とすると、ここまで書いてハタと気がつくのですが、「追われるよりも、追いかけろ。」というのも捨ててしまった方がよいのか、と。

小林正観流にいうと、使命感や正義感という大きなものを背負わず、あるがまま、ただ目の前にやってきた人と出来事に誠実に対応して、「頼まれごと」を一所懸命にやっていくこと。
これに尽きる、こういう意識の持ち方をしている方が楽だし、長続きするのかも知れません。

NHKテレビでおもしろい番組をやっていました。
左官屋さんのお話でした。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060307/index.html

かっこいい左官屋さんでした。
左官とはおよそ地味な仕事でどちらかというと裏方の仕事。
ところが、まったくイメージを一新するものすごい左官屋さんが登場です。
挾土秀平さんという43歳の左官屋さん。
技能コンテストで日本一にもなった方。
芸術家ですね、この方は。


挾土さんは、「マイナス思考だったから成功できた。」と述懐されます。

注意しなければならないのは、挾土さんの言う「マイナス思考」は通常言われているそれではないということです。
「まだだめだ、不完全だ、もっと良くなるはずだ。こんな仕上がりでお金をいただいたら申し訳ない。」
常にそういう意識でいるということ。
ものすごい「マイナス思考」です。
大きな理想に燃えた「マイナス思考」なのです。

挾土さんは心に秘めた大望をお持ちだったかもしれません。
しかし、ギラギラしたものではなく、静かな青い炎。
技を追究する決して妥協することのない向上心。

コツコツと一所を守って研鑽に努め、それがいつしか挾土さんを成功に導いた。
elbow ones way、そうやって他人を押しのけて進む道のりではなく、自分の足元をみつめ自身のエリアの中で内に内に向かって努力をされた。
気がついたら山の頂上に立ってしまっていた。
そんな印象を受けました。

背筋に通るものがありました。

ただ、挾土さんも人の子、思わず笑ってしまったのは、彼のカラオケがいつも矢沢永吉さんの曲だということ。
わたしも大好きだったんですね、エーちゃんが。
キャロルのころから。

挾土さんからは、エネルギーをいただきました。
わたしもがんばっていきたいなと思います。

夜が明けますね。
今日も元気で生きましょう。

*左官屋さんのHPもありました。
http://www.sakanya.net/
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-03-09 05:07 | 日々雑感
<< 亀田3兄弟。 例外のないルールはない。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.