行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
心強い仲間。
わたしには、いろんな弁護士仲間がいます。
それぞれ得意分野を持っていて、とても頼りになります。


先ほど暴力団からみの不当要求についての読売新聞ニュースが配信されていました。
不当要求には、『機関紙や情報誌の「購入要求」と「一方的な送り付け」が39%と最多を占め、インターネットの有料サイト代などの「架空請求」が18%、ヤミ金融などの「債務履行要求」が17%、事故などの示談交渉に介入した「損害賠償請求」が5%、私生活のトラブルの口止め料などの名目による「金品要求」も4%』あるということです。

当事務所にもいろんな方から、ここに挙げられている不当要求に関する相談が来ます。

こちらに全く落ち度がないのであれば、毅然とした態度が必要です。
そうではなく、何かやましいところがあったり、落ち度がある場合には要注意。
早めにお近くの弁護士会でご相談ください。
引け目のためにズルズルと食われてしまう可能性があります。

この種の事件で、何らかの事情がある場合には、事件としても慎重に扱わねばなりません。たいていは弁護士会の民事介入暴力問題特別委員会等の委員でチームを組んでいただいて処理して行きます。

わたしの同期にもこの問題にとても詳しく処理に慣れた弁護士がいます。
今日の読売新聞ニュースを読みながら、彼のことを思い出しました。
正義感が強く、激務をなんなくこなしていき、ゴルフや健康管理もきっちりしている彼にはあまり会うこともないですが、心から尊敬する弁護士の1人です。



なお、不当要求に関しては、下記のページをご参考になってください。
全国暴力追放運動推進センター
http://www1a.biglobe.ne.jp/boutsui/index2.htm
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-03-06 15:01 | 日々雑感
<< ネット関係のトラブル回避。 野球の道具。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.