行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
こつこつ、勝つコツ。
昔からいわれていますね。
竹内均先生も言われています。
箱田忠昭先生もフォレスト出版から出ているCDで語られていました。

区分法、分割実践法、細切れ法、などさまざまに呼ばれますが、「大きな仕事」「大きな目標」は「細かく分けて」することがどうも効率がよさそうです。

大きな地図を描きつつ、目の前にはゴールの見えやすい、小さなハードルを置いていく。
順次小さなピースを組み立てて、ピースをパズルに当てはめれば完成です。
細かく区切りがついて達成感もあり、気力が続きやすいですね。
「大きなゾウを食べたいなら、毎日150グラムのステーキを食べていけばいい」

わたしの好きな不思議な先生、故人となられましたが、工学博士の政木和三先生がいます。この先生の本はかなり変で論理的でないところがたまにありますが、妙に説得力がある文章が随所にでてくるのです。
「草の芽がアスファルトの壁を破って芽吹いてくるように、無限小の力の努力を無限大の時間をかけるつもりで加えていく、そういう努力をつづけていく」すると、無我、執着心がないので、かえって達成が早くなるといわれます。
また、「長い階段をのぼり高い高い極みまでのぼっていくには、へりくだって頭を垂れて足下の石段30センチ四方を眺め踏みしめながら進んでいく」と楽だそうです。偉そうにふんぞりかえって登ろうとすると抵抗が大きく、疲れます。
「我欲を捨てる」「大欲に着く」のがしあわせで永続する成功の秘訣だといわれます。

結局は「勤勉、謙虚、感謝」ということでしょうか。

昨日は、手形不渡りがあった会社、月末に決済困難となった会社の相談が急遽あり、また恩人のお母様のお通夜があり、10時過ぎに帰宅しました。早めに眠り、夜中に起きて原稿書きをしました。満足のいくできではありませんが、お約束ですので第1原稿を送付することにします。追って、補正して、完全なものにして、無事形になりましたら、お知らせしたいと思っています。

すべてが勉強。神様、仏様、宇宙、天、天然自然、呼び名は何でもいいけれど、大きな存在からいただいたレッスン。
ありがたいことです。
とにかく感謝、今あることに感謝。

今日もがんばって生きましょう。

今日は、懸案中の事件のご依頼会社関係者との打ち合わせのために終日遠方に参ります。
ご来訪ありがとうございました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-03-01 06:39 | 日々雑感
<< 対面同席500生 未完成。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.