行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
破産手続利用の目的。
破産手続は、多額の返済ができない債務者をすくう道です。
再起を応援する制度です。
そこでは、公正、公平が強く求められます。

ただ、俗にいう「命の次に大切なお金」に関わることです。
様々な人間模様があります。

いろいろな思惑をもって、相談に来られる方もみえます。
完全に四角四面なことばかりは言いませんし、裁判所でもたとえば、「裁量免責」、「自由財産拡張」などといった救済措置も用意してくれています。

わたしたちの申し上げられることは、まずはすべてお話しください、その上で最善の対応策を検討しましょう、ということです。

「ジャパンドリームの後始末」(伊藤俊吾著 京成社)にも、書かれているように、『法が破産で求めているのは破産者の経済的な立ち直り』なのですから、助けてくれる裁判所に嘘偽りをもって助けを求めてはいけません。
ある場合には犯罪になりますし、また免責不許可になってしまいます。

わたしたち弁護士は、ご依頼者に全ての事情とご希望をお話しいただき、その上で、「できること」、「できないこと」をはっきりさせ、ご相談者にとって、リスクの少ない、最善の道をご提案させていただき、ご了解いただいた上で、はじめて信頼関係を築き、半年以上かかる手続を一丸となって進めて行くことが可能となるのですね。


今日は、打合せの中でいろいろなご相談があって、いろいろと考えさせられ、勉強になりました。

感謝します。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-02-09 18:44 | 日々雑感
<< 今日は弁護士会の選挙の日 横ではなく、縦に! >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.