行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
真っ直ぐで勝負。
弱気を出すとずるい奴に食われてしまう。
ずるいことすると真っ当な人には相手にされなくなる。

生死を分ける戦場等で窮地を脱するためにずるいことをしなければならないこともあるかも知れません。それはそれで仕方がないかもしれません。

しかし、経済の争いでは「それでお仕舞い」なのではありません。
次があります。
先々を見越した処理も必要なのではないか、そうしたときにはやはり直球勝負がよいのではないかと思います。

特に裁判所に助力を求めるような事件では、変化球や死球狙いといった姑息な手段では、裁判所が引いてしまうでしょうし、取引関係者が今後相手にしてくれなくなる可能性もあります。

まずは、正論で行きましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-02-06 18:16 | 日々雑感
<< 会社・事業者の民事再生の準備 対立意見を聴く。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.