行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ありがとうございます。
今朝は、ある方の事件で裁判所に同行しました。
今日で結論がつく日です。

大変思い詰められたような方で、何か月か前に、
・できるだけ空を眺めること
・「ありがとうございます」を思っていなくてもいいから、できるだけたくさん言うこと
をお勧めしていたようです。

その方とお話ししていて気づくことがありました。
なにかをおっしゃる後に、「〜なんですね。でも、〜ということもありまして。ありがとうございます。」と最後に必ず「ありがとうございます」で終わるのですね。

わたしは気になっていたのですが、その方がおっしゃるのです。
「先生に以前頂いた本は、家中で回し読みをしました。中学生の娘は講演CDを『50回聴いた。』と言っていました。小2の息子はその本をいつも持ち歩くほど気に入ってまして、今もその子が持っているんですよ。ありがとうございます。」

その方のこれまでの人生は、大変なものでした。
数々のご苦労を超えて来られました。

今日、いよいよ決着がつくと言うとき、感極まって涙を流されてしまいました。
怒りや恨みや悲しみの涙ではなく、ご本人によっても「なぜだかわからない」涙だそうです。わたしも心が熱くなってしまいました。

本当に心から、この方の事件をさせていただいてよかったと思いました。
こちらこそ、こちらこそ心からお伝えしたいです。

「ありがとうございます。」
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-02-06 11:18 | 日々雑感
<< 近親婚の関係にある内縁者の地位。 iPodは使えますね。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.