行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2月1日午後の参院予算委員会における小泉首相の答弁。
「光が見え出すと影のことを言う(人がいる)。影に対し、どうやって手当てをしていくかが大事だ」「貧困層をなくす対策と同時に、成功をねたむ風潮や能力のある人を引っ張る風潮は厳に慎んでいかないと、社会の発展はない」

誤解を怖れずはっきりした言葉で正論を語るのが小泉さんの良いところなんでしょうね。

今ほどに風通しのよい社会はないのではないか。
門戸開放、規制緩和、IT革命によって、「持たざる者」でも挑戦がしやすい世の中になっています。
多額のお金が無くても、有り余る能力が無くても、学歴が無くても、何か周囲の必要に需要に応えられるささやかでもキラリと光るものがあるならば、ビジネスができる世の中です。「本物の時代」とも言われます。
声が大きい、力が強い、ずるい人が勝つ時代ではなく、社会の需要にマッチしたものでなければならない。社会の要求に応えるもの(本物)であれば、なんとか成り立って行く時代なのですね。

不平不満愚痴悪口泣き言を言う前に、工夫をする。
自分の頭で考える。
そこから必ず突破口が開けるようになっている。
そんな気がします。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-02-02 00:41 | 日々雑感
<< 雨上がり。 過去心不可得。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.