行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サラ金の宣伝戦略。
今日は朝から他県へ民事再生の審問に出かけてきました。
駅前で、D社のティッシュ配布を受けました。
大学時代同様のバイトをした経験から、「おつかれさま」と声をかけ、つい受け取ってしまいます。

CMで、「あなたよぉりも 大切なものはない」とかわいらしい女性が歌っている会社です。
ティッシュにはスクラッチがついていて、「当り」が出ると、クオカード(500円相当)がもらえます。

実は、先月、別の駅でもらったものが「当り」でした。
そして、今日も。

その場でスクラッチしてみたら、「当り」なので、アルバイトの女性に告げると、「店内にどうぞ!」とにっこり。
わたしは裁判所へ向かう途中ですし、住所氏名を書かされそうだし、パスすることに。

500円くらいはすぐ金利で元がとれてしまうからでしょうね。
すごい戦略です。

テレビCMでは、どのサラ金も、「ご利用は計画的に」と言っていますが、銀行金利がコンマ以下の時代に、30%近い金利のサラ金から「計画的に」借りようという人などいるわけはありません。
ほとほと困って、あるいは軽い気持ちで借りてしまうわけです。
冷静に、計画的に考えるならば、低金利で借りられる金融機関を探すか、貸してもらえないならば、貯金してから買うか、しますからね。

さて、1,000円分の当り券。
どうしたものか。
自分で行くのは気が引けるし、誰かにあげて迷惑をかけたり、どこかに放置してサラ金戦略にひっかかってしまう人を作ってもいけないし…。
とりあえず、タンスの肥やしにしておきましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-01-26 14:57 | 日々雑感
<< 電車中の作法。 日掛け金融。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.