行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヒューストンの教育事情続編。
2006.1.13朝日新聞朝刊
「好成績にはボーナス」「生徒のテストで先生の給料決定」とあります。

児童生徒数が20万人の学校区での実験だそうです。
最大3000ドルのボーナス、いずれは1万ドルにするそうです。
「教師の平均年収の20%にあたる1万ドルは、最も優秀な教師に振り向けられるべきだ。」と教育長。
もっとも、一部の中心教科のテストが対象なので、中心教科の教師の優遇だと批判もあるらしい。(ということは、それ以外は好意的に受け止められているのでしょうか)

日本でも、教育をなんとかしなければなりません。

韓国は、通過破綻をきっかけに、もはや自分の身は自分で守るしかないという機運とともに財閥の弱体化が進み、大衆にチャンスが生まれました、そして、子どもには実力で道を切り開いて行って欲しいという親の思いから、猛烈な勉強、受験戦争になっているそうです。
シンガポールの教育水準は以前から高いですし、台湾でもどんどん向上しているようす。

今はまだよい、ですが、これから先の日本は同じように先頭グループに居られるかどうか。少子化対策と教育が重要だと思いますね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2006-01-14 17:39 | 日々雑感
<< 癒しの聖地。 心の癖。良い癖づけをしよう。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.