行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
外回りは夢をもって。



昨日は、車で移動中、高速道路が雪のため通行止めなっていたりで大変でした。
名古屋市内はぱらぱらだったのに。
名古屋北部近郊の自宅に帰るころは吹雪になっていました。
外回り営業の方も昨日は大変だったでしょう。
しかし、そんな日だからこそ、相手先にアピールできます。

わたしには夢がある。
すばらしいこの商品を、サービスをぜひ御社にも伝えたい。

わたしには夢がある。
当社のこの製品を、サービスをもってますます御社に発展していただきたい。

わたしには夢がある。
心あるすべての企業と事業者に奉仕しその発展に寄与しつつ、当社とわたし個人が相手先と社会にとって喜ばれる存在になり、相手先と当社とわたし個人はますます豊かな存在になるのです。

「わたしには夢がある。」とはキング牧師の言葉でした。
何事もこの言葉を前に持ってくるとよさそうです。
せこい、汚い言葉は後に続けられなくなりますね。

「心の時代」、「本物の時代」だと言われて久しいような気がします。
かつてにないほどに、人は知識、情報を持ち、物質的に豊かな社会になりました。
腕力が強い人(企業も。以下同じ)、声の大きな人、有力者とコネクションのある人は今でも優位にあるのかもしれませんが、自分の目先の利益しか考えない身勝手でずるい人、性能とか能力や知識が不足しているのにだまそうとする人が長続きすることはなくなってきたのではないか。日本のように情報化され一般人の知的レベルが高い社会では悪事は露見しやすくなっています。
『本物』力がない人や企業が長期的に成功を収めることは難しくなっているようです。
そして、そんな時代だからこそ、『本物』であれば、腕力が弱くても、声が小さくても、コネクションがなくても、「声の大きな人、有力者とコネクションはあっても『本物』力のない人」を打ち負かすことはできるのですね。

わたしには夢がある。
自らがいかなるときにも感謝と希望を持ち続けることをもって、不安、恐れ、絶望の中に安堵、感謝、希望の種を蒔く人になる。
世の中の役に立ちたいと心から願う人と企業と力を合わせてともに歩む。
今よりも感謝、笑顔にあふれ、互いに親切な人々にあふれた世の中を見る。

「所詮、人は損得づく。生存本能があるから汚いものさ。」
そこに焦点を当てる人はそのとおりの人とだけ出会い、そのとおりの人生を歩みます。
人としての弱さや限界を知りつつも、常によりよく生きることを目指すことで人は成長するものだし、それを目指すことこそが万物の霊長たる人として生まれた人生の生きがいではないかと思います。

外回りのような物理的に厳しい環境で働くみなさん、また心理的に、精神的に辛く厳しい状況下で働き、生活されているみなさん、そんなときだからこそ夢をもって、夢を忘れないで、がんばっていきましょう。
カラ元気でもよいから、笑いましょう。
小さなことにできるだけ感謝しましょう。
心を操縦するのは難しい。
でも、体と言葉を変えるとよいそうですね。
きびきびとした動作に変える。うつむかない。できるだけ空を見上げる。
前向きな言葉を使う(決して否定的な言葉、愚痴不平不満悪口泣き言呪い言葉厳禁)。

今日もよい一日になりますように。
[PR]
by bengoshi_358 | 2005-12-14 04:50 | 日々雑感
<< ピンストライプ。 悪役路線。凄玉路線。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.