行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自己破産を自分でする場合の問題点。
自己破産を自分でするためには、時間稼ぎが必要です。
債権者からの厳しい督促をかいくぐって、申立準備をする必要があります。

次にネックになるのが、提出書類の書き方です。
うまく書かないと免責決定に影響が出てしまいます。

単なる書き方の問題で、スムースに行くか、長くかかるかが別れてしまう場合があります。また、書き方の問題では済まない、免責不許可事由が現実にある場合、どう書いたらよいのかという問題もあります。

裁判所にウソはいけません。
では、どう書いたらよいのか。
ここまで来ると、経験とカンの世界に入って行きます。

まずは、免責不許可事由があるか、確認しましょう。
免責されるかどうか不安であれば、市町村役場、県民サービスセンターの無料法律相談でご相談ください。

免責不許可事由がないのであれば、あるいはあったとしても軽微で説明ができるものであれば、ご心配には及びません。
[PR]
by bengoshi_358 | 2005-11-13 18:43 | 日々雑感
<< An authour of y... フォーカル・ポイント  >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.