行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アイフル過払金返還集団訴訟
今日のニュースで流れていましたが、原告のうち4割が和解で終了とのこと。
わたし自身も依頼者の誰も今回の件には関わっていませんでしたが、早期解決はとてもよいことだと思います。

「結局和解するならば訴訟前にしたらよいのに。」と思うのですが、業者はなかなか過払金を返そうとはしません。

「どうせ裁判はしてこないだろう。」とたかをくくっているのでしょうか。

集団訴訟は最近の流れです。
どんどんこういう裁判が起こって来ると、業者の対応も変わってくるのかもしれません。

わたしも、個人的には「同じ結果ならば手順は簡略な方がよい」との見地から、訴訟前の和解でいかがかと申出ても、一切返還を拒否してくる業者、ごくわずかしか返還しようとしない業者には、ご依頼者の意向を聴きつつも裁判をするようにしています。

山田克己弁護士が言われていました。
「きちんきちんとやるべきことをやっていかないと何も変わって行かない。」

そのとおり、ですね。
すべては小さな一歩から始まった。
ローザ・パークス、エリン・ブロコヴィッチ(でしたっけ?)。

やるべきことをきちんとやって行きましょう。
たとえ今そうでなくても。
[PR]
by bengoshi_358 | 2005-11-07 19:41 | 日々雑感
<< 会社の再建 弁護士倫理研修会 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.