行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
焦点を絞る
今朝は少し寝坊しましたが、午前6時半過ぎに出かけ、喫茶店で1杯240円のコーヒーを飲み、読書をしました。

「組織は、1つの目標に集中して初めて大きな成果を挙げる。目的の多様化は、組織の種類を問わず、その成果をあげるための能力を破壊する。」(ドラッカー)

これは、組織として求めるべき、根本的価値のようなものですね。



スキナーさんのCDを聴きながら喫茶店から帰ったのですが、焦点を当てる秘訣を教えられました。

ここでの焦点は、根本価値の実現に向けて集中する、という意味。

スキナーさんによれば、効果的なのは、
・「質問すること」
自身に対する質問を目的的に行う。
「今、自分は、これこれの夢の実現のために何ができるか。今日できることは何か。」を常に問いかける。

それから、
・「モーティベーションを高める本を繰り返し読むこと」
たとえば、元気が出るビジネス書を10回以上読む。

「質問」は、安定的にある程度のモーティベーションが維持できていないと、継続することはキビシイかもしれませんね。
「読書」は、比較的カンタン。わたしは、既に何度か読んだ本をトイレにおいています。必ずその本を読むことにしています。毎日、必ず元気がでるような本を読む、か目にすることになります。
要するに、目標が頭に焼き付き、好ましい態度や行いが習慣化するまで継続する。継続させる秘訣がこれらだということですね。

大きな理想、夢、根本価値を常に意識する。
それに専心する。

毎日に張りがでてきます。
そして、きっといいことが起こってきます。

今日もがんばっていきましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2005-10-24 10:09 | 日々雑感
<< 脳は本当に歳をとるのか 証言の信用性 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.