行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
他人を裁く物差しで自分も裁かれる。
人間は、自分の経験や知識、願望によって他人を評価します。

自分が全ての出発点です。

自分だけが正しいとは心底から思っている人は少ないにしても、
「相手よりは正しい」、
「あの人よりはまし」、
「とにかくこうしたい、ああしたい、あれが必要だ」。
そう言って、自分を基準にして、他人を裁き、自分本位の要求する人は少なくありません。

私の頭の中で、古い言葉がよみがえってきました。
「全て人を裁く者たちよ」というパウロの言葉、それからその下敷きになった旧約聖書の言葉。

それを確認したくて、少しぐぐってみましたが、税理士の方のブログに「自分が決めたルールに裁かれる日」というものがあるのに気づきました。
書かれていることは同じです。
自分が決めたルール、基準で、自分も、相手から扱われてしまう、という内容です。

「なげかけたものはかえってくる」
そんな言葉も思い出しました。

時には、怒りや失望で、視野が狭くなってしまうことだってあります。
周囲の人に語る言葉がきつくなったり、いい加減になったりしてしまいがちです。
相手にも相手の思いがありますが、自分のことしか考えられなくなってしまいます。

誰にも、自己保存本能があり、自己重要感があります。
自分本位なのが人間の本性かも知れません。


でも、人間は、1人では生きていけません。
人と人の間でくらさないと人間にはなりません。
人と人との間でくらすと、軋轢も生じますが、1人では感じられない素晴らしい喜びや充足感も得られます。

「他人を裁く物差しで自分も裁かれる」
「なげかけたものがかえってくる」
少なくとも、自分は心したいと思います。

それと同時に、がっかりさせられるような出来事にも、自分なりの方法で闘って、必ず打ち克ってみせるということも。
とにかく、よいものだけをなげかけていくように。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-08-25 20:43 | 日々雑感
<< 編集ということ、文学フリマ。 離婚手続中・離婚後の面接交渉 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.