行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
変えることができることに焦点を、か。
これもよく言われることだけれど、「変えることができることに焦点を合わせ、変えることができないことについては解釈の仕方を変える」こと。

今の世の中、色んな過去の不可能が不可能ではなくなり、「変えることができること」は多くなりました。
「変えることができないこと」は減ってきています。

でも、過去は変えられない。
「過去は変えられるけれど、未来は変えられない」という方もいますが、その言葉はそのままの意味ではありません。
「過去から積み重ねられた現在の状況からすると、将来はその延長線で、なるようにしかならない」
「過去は済んだことだから、記憶の中、記録の中にしか存在しない。だから、記憶をすり替え、評価を変え、『過去から積み重ねられた現在の状況』を変えてしまうことが、将来を良い方に変える秘訣」だということ。

将来は良い方向にもっていきたいものです。
今が良い状況にあるとしても、より良い状況にもっていけるのならば、そうしたいものです。

わたしは、ストレートに、「今の考え方、行動を変えれば、将来も変えられる」という言い方の方が好きです。


今、「変えられないこと」と思われていることにも、積極果敢に挑戦していこう、そういう精神が好きです。
キング牧師や過去には偉大な人々がそうやって社会を動かしてきました。

それは絶対に変えることができないのか。
それを考えるところから始めることでしょうね。


ただ、地震はね。
先ほど、東北で地震があり、津波注意報が出て、ちょっぴり感情が揺れました。

地震は制御できないのだろうけれど、これからは地震があっても大災害になりにくい街づくり、社会の仕組みができるようにと思います。

どうか、先程の地震で、被害がありませんように。
大きな被害がありませんように。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-08-19 15:18 | 日々雑感
<< 離婚手続中・離婚後の面接交渉 新たな気持ちで >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.